舌のクリーニングを今日からしたくなる!読めばわかる口臭対策に必須の理由

舌のきれいな女の子

口臭に悩んだことのある人は、男女ともに8割くらいいるそうです。

なので、口臭予防として歯みがきや歯間ケアに取り組んだり、マウスウォッシュや口臭サプリなど口臭グッズを積極的に使っている人もたくさんいます。

でも、口臭対策として舌のクリーニングにまで取り組んでいる人はそれほどいません。

面倒くさいということもありますが、舌が口臭の発生源であることを知らない人も多いようです。

この記事では、舌にできる舌苔が、いかに口臭の元になっているかをよく理解できる情報をまとめてみました。

舌苔の正体は細菌や食べかす

悪臭成分アンモニア、インドール

舌苔は読んで字のごとく、舌の表面に苔が生えたように覆っている粘液のようなもので、白っぽい~灰色っぽい色をしています。

舌の表面には舌乳頭といって、トゲトゲあるいはブツブツした突起がたくさんあります。

もっとも多い糸状乳頭をはじめ、味を感じる味蕾がついた有郭乳頭・葉状乳頭・茸状乳頭があります。

これらの乳頭の表面やすき間には、唾液とともに食べかすやはがれた粘膜細胞などが入り込み、それらをエサにする細菌の繁殖場所になります。

これらのものが混ざり合い、細菌の作ったネバネバした物質で、舌全体にこびりついたものが舌苔の正体なのです。

舌苔にいる細菌には無害なレンサ球菌の他、ミュータンス菌嫌気性菌が共存しています。

嫌気性菌は口臭の成分である揮発性硫黄化合物(VSC)を発生させる主役です。

息さわやかをめざすのなら、その棲家(すみか)である舌苔を放っておくことはできません。

たたみ8畳分の舌の表面に舌苔が付いている

畳

舌苔といっても薄いし、面積も大した広さでもないから大丈夫じゃない?

と思うかもしれません。

でも、舌の表面を見たままの広さだと思っていたら大きな間違いです。

先ほど言った舌乳頭ですが、その表面積を忘れています。

舌の表面は舌乳頭で凸凹しているので、その凸凹を広げていくとたたみ8畳分の広さにもなるのです。

たたみ8畳に細菌や食べかすがびっしりと塗られていると考えてみてください。

そんな和室があったら、中はメチャメチャ臭っているはずですよ。

つまり、舌苔がついたままの舌は、そんな和室のニオイを凝縮した悪臭が出るものといえるのです。

舌苔には1mgあたり1億個の細菌

口の中で細菌が繁殖しているイメージ

舌苔は、歯垢と同じプラークの一種です。

プラークというのは細菌のかたまりのようなもの。

舌苔は歯垢並みに汚いものと考えていいのでしょうか?

歯垢はとてつもなく汚く、歯や歯ぐきに歯周病や虫歯をつくり、口臭の大きな原因になります。

歯のケアのイメージ
食べかすと歯垢(プラーク)は違うものです!口臭の原因になるこれらの違いを解説

歯垢1mgには細菌が2億個いるとされています。

それに対して舌苔は、1mgに1億個。

舌苔は歯垢に引けを取らないくらいに汚いのは間違いありません。

舌苔の重さを計ったデータはあまりありませんが、ある研究では平均24mgあったそうですから、全部で20億個以上は細菌がいる計算になります。

最近CMでよく見る世田◯食品の青汁は、乳酸菌が100億個入っているとしきりに強調しています。

それと比較してみても、少量の舌苔にいかにたくさんの細菌がいるかがわかりますね。

舌苔の多い人はアセトアルデヒドが多い

アルコールを飲むと体の中で分解されてアセトアルデヒドという物質になります。

これが血液中に溶けて体をめぐり、肺で呼気の中に混じります。

お酒を飲んだ人の口臭が臭くなるのは、このアセトアルデヒドのせいなのです。

ところが最近の研究で、口の中の舌苔からもアセトアルデヒドが発生していることがわかりました。
※Relationship between acetaldehyde concentration in mouth air and tongue coating
volume. Yokoi A, Maruyama T, Yamanaka R, Ekuni D, Tomofuji T, Kashiwazaki H, Yamazaki
Y, Morita M. Journal of Applied Oral Science. 2015;23(1):64-70.

舌苔がたくさんついていればいるほど、アセトアルデヒドはたくさん発生します。

舌苔が多ければ多いほどアセトアルデヒドが発生するグラフ

そして、舌のクリーニングを行って、舌苔を取り除くとアセトアルデヒドの濃度も下がることが確認されています。

口臭物質のアセトアルデヒドは、口の中のガンの原因にもなると言われています。

なので、舌のクリーニングは口臭予防と病気予防の2つの面でメリットがあるといえます。

舌そうじするとVSCが減少する

これまでお話してきたことから、舌苔が口臭の原因になっていることは理解いただけると思います。

なので、舌苔由来の口臭対策には舌をクリーニングが必要です。

実際に舌のそうじをすることで、主要な口臭成分であるVSCが減少するのかどうかを調べた研究があります。(Periodontol, 47: 36-43, 2005.)

舌のそうじを1日1回で1ヶ月間続けたところ、あきらかに舌苔の付着する量が減り、口臭も減ったのです。(官能試験+機械による測定)

科学的にも、口臭を和らげるのに舌のクリーニングが有効だという結果が出ているのです。

専用ブラシが理想、なければ歯ブラシでも

舌のクリーニング

ここまでご紹介してきたお話のどれをとっても、口臭対策をするのなら舌のクリーニングが必須なのは間違いありませんね。

今までやってきた、歯みがき(と歯間そうじ)に加えて一手間、舌の掃除に取り組んでみましょう。

舌みがきのやり方は難しくはありません。

でも舌はデリケートなので、できるだけ専用のタンクリーナー(舌専用ブラシ)を使いましょう。

  1. 鏡を見ながら、舌の表面をチェックします
  2. タンクリーナーで、できるだけ舌の奥から前へとやさしくこすります
  3. この時、吐きそうになるくらい奥の方からこすります
  4. 数回から十回繰り返します
口臭の発生源である舌
舌が原因の口臭対策 舌クリーニングの4つのポイント

もし手元にタンクリーナーがなくて、今日からでも舌のクリーニングをしたい場合は歯ブラシを使ってもできます。

なるべく毛先の柔らかい歯ブラシで、やさしく舌苔を掻き取ります。

歯ブラシなのでより優しくするように注意しましょう。

歯ブラシは縦にして使うのではなく、横向き(舌に対して直角)にして使いましょう。

まとめ

これまで「舌のクリーニングまでするのは面倒だな」、と思っていた人も、今回ご紹介した情報を見たら、今晩からでも始める気になったんじゃないですか。

いい匂いのする人を目指すのなら、まず口臭ゼロを目指しましょう。

口臭ゼロになれば、好きな香りの口臭サプリでイメージ通りの自分になれますよ。

面倒くさいですが、習慣にしてしまえばなんてことはありません。

一度、トライしてみてください。