くさい?くさくない?これなら簡単!セルフ口臭チェック方法を集めてみました

口臭をセルフチェックして気兼ねなくイチャイチャ

ルーチンに口臭対策をして口臭予防をしていても、ちょっとしたストレスや体調不良、空腹や食べた食事内容などさまざまな要因によって、生理的口臭が出てしまうことがあります。

日々の生活の出来事がいつも同じなら、定期的な口内ケアで大丈夫でしょうが、実際にはそうも行きませんよね。

定時に食事ができるとは限りませんし、生活や仕事の上で小さなトラブルがいくらでもあるでしょう。

そんな時に知らない間に口臭がきつくなっているかもしれません。

ここでは自分では気づきにくい口臭の悪化を早めに察知して、周りに気づかれないうちに口臭予防の処置ができるように、簡単にできる口臭チェック方法についてまとめてみました。

より簡単により早く口臭チェック

ネットを検索すると口臭チェックの方法がたくさんありますが、実際にどうなんだろう?実用的?と疑問に思うものが多くあります。

それらの方法のいい面があればそれを取り入れつつ、より簡単にできる実用的な方法を考えてみます。

息のにおいを嗅ぐ

一番手っ取り早い方法ですが、自分の口臭は鼻の順応反応(慣れてしまって感覚が鈍ること)によってなかなか認識しにくいものです。

鼻は順化でニオイを感じなくなるイメージ
自分に口臭があるのか?の判断を誤らせる鼻の特性

やり方としてよくあるのは、コップに息を吹き込んでから手でフタをしたら、深呼吸をして一呼吸おいてからコップの中のにおいを嗅ぐ方法、あるいはビニール袋を使って同じように息を吹き込んでやる方法です。

コップで口臭チェック

この方法は簡単なんですがちょっとした時にすぐにできるとはいえませんね。

コップかビニール袋がいりますし、人前でするには抵抗がありますから、外出先でチェックする方法としては無理があるでしょう。

ここはもう、簡単に両手のひらで空間を作ってコップ代わりにしてやるのはどうでしょう?

手を温める用な感じで口に近づけてフーッとやるんです。

ちょうどこんな写真の感じです。

手に息を吹き込んで口臭チェック

屋内なら、デスクに両肘をつきながらやれば自然だと思います。

ただ、コップやビニール袋を使う方法と違うのは、ひと呼吸おけないこと。

ひと呼吸おいて深呼吸することで少しでも口臭のにおいに対する順応を解除する意味があると思うんです。

手のひらでする場合はひと呼吸おけないので、代わりにゆっくり息を吹き込み続けるのはどうでしょう? 

息を吐いている間は口臭を嗅ぐことがないので少しは鼻の順応を解除できると思います。

他にマスクで口を覆って吐いた息のにおいを嗅ぐという方法もネットで紹介されていましたが、その場で速攻でできることを考えたら、断然、手の平を使ったやり方のほうが簡単だと思います。

自分で口臭を嗅ぐ代わりに口臭チェッカーを使う

タニタのブレスチェッカー

現在、いろいろな種類の簡易口臭測定器が市販されています。

タニタのブレスチェッカーが有名ですがどれを選んでも性能的にそれほど変わらないでしょう。

再現性は高いのである程度の目安には十分できると思います。

順化で自分の口臭に気づかないイメージ
タニタのブレスチェッカーはどのようなニオイに反応するの?
注意

ただし、においの良し悪しは区別してくれませんので、においのきつい食べ物を食べた後やマウスウォッシュや歯みがきをした後、口臭サプリを食べた後などは、かえって高い数値が出るので注意してください。

唾液の状態から口臭の悪化を知る

唾液と口臭には密接な関係があります。唾液がドロドロしてくると口臭の危険信号です。

だから口の中のねちゃつき具合に気をつけていると早めに口臭の発生に気づくことができるんです。

暑くてツバがドロドロしてくる女性
つばがドロドロしてくると口が臭いような気がするけど関係ある?

ネットで挙げられている口臭チェック法には、手の甲を舐めて少し時間を置いてからにおいを嗅ぐという方法がありました。

口臭の悪化に比例して臭くなるとは思いますが、肌を舐めたあとって基本的に臭いものでしょう。

実際の口臭より臭く感じてしまうんじゃないでしょうか?

変にそのにおいを真に受けてしまうと、必要以上に口臭が気になって口臭症に陥る危険もあると思います。

口臭と口臭症の違いを悩む女性
「口臭」と「口臭症」ってどう違うの?

舌の状態に気をつける

舌を覆う糸状乳頭と茸状乳頭

唾液のドロドロと大いに関連しますが、唾液が粘ついていると舌の上の舌苔も厚くなっているはずです。

舌苔は口臭物質の大生産工場ですから要注意です。

口の中が粘ついてきたら、トイレに行ったついでに鏡で舌のチェックをしましょう。

いつもより白くなっていたり、食べたものの色が付いていたら舌苔が厚くなっている証拠です。

タンスクレーパーを携帯していたら軽くこすって取りましょう。

なければ柔らかい布でやさしく拭いましょう。

注意

注意しないといけないのは白いのが全部舌苔ではないこと。
舌の表面一面にある糸状乳頭の先端は角化しているので白く見えます
舌苔はあくまでも舌の表面を覆っている白い粘液状のものなので、誤って糸状乳頭の白いのをゴシゴシ取ろうとしないでください。

その他の口臭チェック法

歯間ブラシで口臭チェック?

ネットで見かけたその他の口臭チェック法に、デンタルフロスや歯間ブラシを使って歯垢を取って、そのにおいを嗅いで口臭をチェックするというのがありました。

日中に学校や会社で口臭が気になる時に、この方法をするのってハードルが高くないですか?

それに朝晩、家でしっかりと口内ケアをしていたら十分だと思うのですがどうでしょう?

日頃ケアしていない人がたまにチェックするというのならわかります。

他に変わったところでは、オキシドールを2倍に薄めた液でうがいをして、吐き出した液に泡がたくさん出ていたら口臭がしていると判断するという方法がありました。

これ結構あちこちに記載されていましたが実用性としてどうなんでしょう。

気軽にチェックする方法でもないと思うんですが…。

そこまでするのなら、こちらに書いたビンを使う方法のほうが簡単で確実でしょう。

小さなビンに唾液を入れてフタをしたら、手でしばらく体温まで温めるんです。

口の中と同じ環境を作ってしまうということです。

温まったらフタを空けてビンの中を嗅ぐだけです。

温めている間に深呼吸をして鼻の感覚をリセットしておけば、かなり客観的にじぶんの口臭を嗅ぐことができます。

でも、やはり手軽にできる方法ではないので外出先ではできないですね。

まとめ

自分の口臭を客観的に判断するのは難しいですが、口臭がない時の唾液の状態や息のにおいを知っておけば、口臭がきつくなった時にその違いに気づくことはできるはずです。

正確な口臭の程度は分からなくても、「あっ、口臭がでてきてるかな?」ぐらいのことは判断できるでしょう。

あくまでも簡単な目安と理解した上でチェックしましょう。

どうしても自分の口臭が気になる人は口臭グッズに頼るのもいいと思います。

当サイトのおすすめサプリメントをあらかじめ食べておけば、ほんのりバラの香りがあなたを包み、少々の口臭が出てきても気になりません。

それほど気を張って口臭チェックをしなくてもいいんです。

おすすめバラの香りのサプリメントはこちら