舌を磨くと口臭は改善されるの?

自分の舌を鏡で観察すると、表面が白っぽい小さな突起に覆われているのがわかると思います。

これは糸状乳頭と呼ばれるもので、この突起と突起のすき間に唾液を保つことで口の中が乾燥することを防いでいます。

猫のザラザラの舌はこの糸状乳頭の突起が発達したものなのです。

ここは嫌気性菌の生息する場所でもありますので、適切にクリーニングしないと口臭の原因になります。

舌には食べ物のカスが入り込む

舌苔になりやすい加工食品

動物では糸状乳頭は舐める時に食べ物をこそげとる役割をしています。

でも人間の舌はこそげとれるほどギザギザはしていません。

人の糸状乳頭の主な役割は表面に唾液を保持してドライマウスを防ぐことです。

色のついたアメや飲み物などを口にすると舌に色がつきますが、あれは食品の色素が唾液に混ざって、糸状乳頭のすき間にとらえられているからなのです。

昔と違い現代の食品は粒子の細かいものが多くなっています。

だから人間の小さな糸状乳頭のすき間でも、食べ物のカスが入り込みやすくなっています。

いったんすき間に挟まってしまったカスはうがいしたくらいでは取ることができません。

舌苔は嫌気性菌の食事の跡

虫歯がひどくなった齲窩は口臭を発生させるイメージ

舌にこびりついてしまった食べカスは、嫌気性菌によって分解されます。

特にタンパク質成分が分解されると、口臭の主役であるメチルメルカプタン硫化水素などの悪臭成分が生成されます。

歯や歯ぐきのプラークに比べて量の多い舌苔は多量の口臭成分を発生させます。

舌が口臭の発生場所となるゆえんです。

菌や代謝産物が混じった唾液は歯における歯垢に相当する、舌苔と呼ばれる白いぬめりのあるコケのようなものになり、舌の表面を覆います。

舌苔は糸状乳頭に絡みつくように粘着していますので、水を飲んだりうがいをしただけでは取れないのです。

舌苔のクリーニングには注意が必要

 

タンスクレーパーで舌みがき

舌苔を取り除くためには、舌そのものを掃除する必要があります。

だからといって歯みがきのついでに、いつもの歯ブラシでそのままゴシゴシ磨いたりしてはいけません。

舌には味蕾といって味を感じるデリケートな器官がありますから、乱暴に行うと味覚に障害が出ることがあるのです。

舌苔は放っておくと口臭のもとになるし、歯ブラシでこすると舌を傷つけるし…。

赤ちゃん用の柔らかい歯ブラシやスポンジなどを使えば掃除はできますが扱いにくいかも。

そこで用意しておきたいのが舌のクリーニング専用のタンスクレーパー

ヘラのようなもので舌を傷つけにくく、舌の奥からきれいに舌苔をこそげ落とすことができます。

舌苔のクリーニングは歯磨きのたびにする必要はなくて、朝に1度すれば十分です。

タンスクレーパーを使ってもやり過ぎると舌を傷つけるので注意してください。

まとめ

口臭を抑えるためには舌のクリーニングは必須です。

舌苔をクリーニングせずにいることは、歯みがきで歯垢をきれいに落とさないのと同じことです。

舌は歯と並び口臭発生の主な場所ですから、歯みがきだけでは十分ではないのです。

口臭対策というと歯のケアばかりに目が行きがちですが、舌の状態にも注意が必要です。

朝一番は歯みがきとタンスクレーパーをセットで習慣にしましょう。