自分の口臭を「気にする人」と「気にしない人」は口臭のレベルと比例しない

ニンニクの口臭に思わず口をおさえる

いつも自分の口臭を気にしている人は、実際に口臭がきついかというと必ずしもそうではありません。

現実ににおう口臭の程度と、気にする気にしないはリンクしないことが多いのです。

歯のケアに熱心な人と無頓着な人がいるように、自分の口臭(口のにおい)に気を使う人とほとんど気にしない人がいます。

口臭に気を使う人は、必ずしもニオイの程度がひどいから気にするわけではないのです。

反対に、自分の口臭を気にしない人の口のニオイが軽いとも限りません。

この違いは人間の心理の問題とニオイを感じる鼻の特性にあります。

口臭を気にしている人は案外におわない

歯や歯ぐきに異常がなくても、毎日しっかりと口内ケアをしていても、誰でも生理的口臭があります。

口臭は様々な条件で変動しますから、普段全くにおわない人でも、1日の時間帯で臭うタイミングが必ずあります。

1日中、口臭がない人はいないのです。

問題にならない程度の口臭が気になる

 

しっかりした歯みがきで口臭予防

生理的口臭が臭っているタイミングであっても、よっぽど近づいてわざわざ嗅がないかぎり、他人がそのニオイに気づくことはありません。

生理的口臭が臭うといってもその程度のものなのです。

つまり周りの人からから見れば、その口臭は対策が必要なレベルではないのです。

他人には何の迷惑もかけていないのですから。

ところが、口臭を気にする人はこのレベルのニオイでも気になるのです。

自分の口臭を気にする人は日頃から口内ケアに気を使っていますから、人並み以上に口臭は抑えられているのが普通です。

しかし本人が少しでも口臭を感じるのなら、他人がどう思おうが自分の口は臭いと捉えてしまいます。

ゆえに口臭を気にしている人は意外と口のニオイが軽いものなのです。

それでも口臭対策は必要?

たとえ、ほとんどにおわない生理的口臭であっても、口臭対策は必要です。

本人が気にする限り口臭はあるのです。

それを放っておくことは、口臭の悩みを強くしかねません。

あまり気にし過ぎると口臭症になってしまうかもしれません。

気にしなければいいのですが、それができないのが口臭症なのですから。

なので、生理的口臭すらも臭わなくするのが口臭症の治療では必要なのです。

口臭と口臭症の違いを悩む女性
「口臭」と「口臭症」ってどう違うの?

病的口臭は本人は気づいていないことが多い

 

鼻の順化で口臭に気づかない人

自分の口のニオイを気にしない人には、口臭のひどい人が多いのは何故なのでしょうか?

病的口臭で紛れもなく悪臭がする場合、意外にも本人が気づいていないことがあります。

人間の感覚は同じ刺激を受け続けるとそれに慣れてしまい、その刺激に気がつかなくなってしまうのです。

この様な現象を順化といいます。

鼻の奥にあるニオイを感じる細胞を嗅細胞といいます。

嗅細胞には、同じニオイを感じ続けると疲弊してしまって、ニオイがわからなくなる特性があるのです。

鼻は順化でニオイを感じなくなるイメージ
自分に口臭があるのか?の判断を誤らせる鼻の特性

香水のきつい人がいい例です。

本人は鼻が慣れてしまって、それほど匂っていないと思ってたくさん香水をつけるのですが、周りの人はその匂いに慣れていないのですごくきつく感じるのです。

口臭でも同じで、ひどい口臭であっても常にそのニオイを嗅いでいる本人は、周りの人が感じるほどには臭くないのです。

嗅覚が麻痺してしまって、自分がそんなひどい口臭で周囲に迷惑をかけているなんて夢にも思わないのです。

このことが、口臭を気にしていない人は口臭があまりしないわけではなく、案外口臭がきつい人が多かったりする理由です。

まとめ

このように実際の口臭の程度と本人が気にする気にしないは比例していないことがよくあります。

口臭の悩みとは、単純に口臭の有無だけで判断することはできないといえますね。

病的口臭はもちろん治療が必要ですが、生理的口臭であっても本人が悩んでいるのなら、それもまた対策が必要です。

問題を解決するためには、それぞれの状況、口臭の原因に合わせて対処しなければならないのです。