生理的口臭を予防して息さわやかになるためのポイント5つ

口内ケアでさわやかな息になるイメージ

周りの人に息さわやかな人だと思われるためには、病的な口臭がないことは当然として、誰もが当たり前に持っている生理的口臭を予防することが必要です。

口臭をゼロにしてそれを維持していくためには、日頃のていねいな口内ケアを行うだけでなく、1日のうちに変動する生理的口臭に合わせた対策が必要になります。

息さわやかを達成するためには、以下の5つのポイントをしっかりおさえておきましょう。

歯垢は口臭のもと 毎食後に歯みがきをしよう!

 

歯垢を取って口臭予防のイメージ

歯みがきは口臭対策の基本。

しっかりとしたブラッシングで歯垢をきれいに取り除かなければ、生理的口臭をなくすことはできません。

もちろん歯間の掃除を忘れずに。

歯間にも口臭の原因になるほどの歯垢が溜まっています。

朝晩だけでなく、毎食後の歯みがきを心がけましょう。

晩ごはんの後は寝る前の歯みがきと兼ねても構いません。

歯間の掃除も毎回するのが望ましいですが、歯間ブラシやフロスを毎回使うのが面倒くさいのなら、歯ブラシで行う歯間掃除の方法”つまようじ法”でも構いません。

お母さんに歯みがきしてもらう幼児
こうすれば磨き残しがない!おさえておきたい歯みがきのポイント

舌みがきはマストの口内ケア

舌のクリーニングで口臭予防

口臭の発生量としては歯垢を上回るかもしれない舌苔。

口臭予防に欠かせない歯みがき
舌は歯間に並ぶ口臭発生部位!口内ケアで必須の場所

舌の掃除もしっかり行わないと生理的口臭をゼロにはできません。

朝の歯みがきの時には一緒に舌のクリーニングを忘れずにしましょう。

舌は傷つきやすいので専用グッズを使って、正しい方法で行う必要があります。

口臭の発生源である舌
舌が原因の口臭対策 舌クリーニングの4つのポイント

傷つけないためにも舌の掃除は1日に何度もできません。

舌からの口臭を防ぐために掃除以外でできることは、食事を抜かずに毎回しっかりと食べることです。

なんとなく食事をすると口臭が強くなるような印象がありますが、食事をした後は舌苔が減少して口臭が弱くなることがわかっています。

しっかりした食事は口臭をおさえるイメージ

うがいをするだけではこのような効果は得られません。

口臭を気にして食事を抜くなんてことは本末転倒なのです。

空腹時口臭もひどくなりますから、きちんと食事をしましょう。

ただし、食事の内容によっては食べ物そのもののニオイで口臭の原因になることはあります。

その場合は歯みがきと口臭対策グッズで対応しましょう。

ランキング
口臭対策サプリメントおすすめランキング

1日2回のマウスウォッシュが生理的口臭を根絶する

口臭を予防するマウスウオッシュ

口内ケアの補助的な方法として、今や一般的になったマウスウォッシュ。

いい製品を上手く使えば非常に効果的ですが、製品によっては注意しなければならないことがあります。

抗菌作用消臭作用を持つ有効成分として、どのような物質が使われているかで効果の程度持続時間が異なります。

日中に効き続けることを期待するのか?しばらくの間だけ効いてくれればいいのか?によって製品の選択や使用頻度は違ってきます。

また、アルコールを含む製品では使用後に口の中が乾燥しやすくなります

そのような製品を使った後は唾液の分泌を増やす方法や、こまめに水分を補給するなど口を潤すための対策が必要です。

マウスウォッシュの中でも一番おすすめなのが、プロフレッシュという製品です。

抗菌作用・消臭作用が強力なのも素晴らしいのですが、一番の特徴はその持続時間にあります。

プロフレッシュは一度の使用で約12時間効果が持続します。

つまり朝晩2回の使用で丸一日カバーできるということです。

朝晩の歯みがきの仕上げに使用しましょう。

プロフレッシュ
気になっていた口臭が消えた!プロフレッシュ徹底レビュー

唾液が減少しないように気をつける

唾液の量が増減することは生理的口臭が変動する大きな要因となります。

問題なのは唾液の減少。

唾液の分泌を促したり、水分を補給して口の中が乾かないようにすることは、とても大事です。

1日に産生される唾液の量をイメージ
唾液が十分なら口臭をシャットアウトできる!3つの重要な作用

こまめに水分補給

水分を補給して口臭予防

人は眠っている間にコップ1杯の汗をかくと言われています。

夜の間に水分を失って、朝には体は脱水気味になっています。

さらに就寝中は唾液の分泌量が減少しているために、口の中は非常に乾燥した状態になっています。

起床時口臭が生理的口臭でもっとも臭く、英語で別名モーニングブレスと呼ばれるゆえんです。

朝起きて一番にすべきは水を飲んで水分を補給することです。

口の中はネバネバになっていますので、まずは口をゆすいで十分に湿らせてからコップ1~2杯の水を飲みましょう。

引き続いて、朝の歯みがきをすれば強烈だった起床時口臭もスッキリなくなっているはずです。

日中も口の中の乾燥に気をつけてこまめに水分を取りましょう。

特にお昼前にお腹が空いてきた頃は空腹時口臭が出やすくなっています。

タイミングよく水分を取って先手を打ちましょう。

1リットルの水分補給で口臭予防

水分をしっかりと補給することは、なにも口臭のためだけでなく健康のためにも必要です。

できれば1日に1.5~2リットルの水を飲むのが理想です。

筆者は湯ざましをマグボトルに入れていつでも飲めるようにしています。

こまめに飲んでいれば口内の乾燥に気をつける必要もなくなります。

舌の運動やガムで唾液の分泌を刺激

 

口臭の発生源である舌

手元に水が無かったり、水を飲める状況にない時は、唾液の分泌を促しましょう。

舌を大きく動かすことは、唾液腺からの唾液の分泌を促進させます。

舌を出す方法もありますが、口を閉じてやる方法のほうが目立たなくていいでしょう。

やり方は簡単で、舌で上唇と下唇をグイッと交互に押したり、左右に舌を動かして頬をグイッと押すだけです。

すぐに唾液が分泌されます。

舌の運動で唾液の分泌を刺激
覚えておくと絶対損しない!舌を動かして唾液の分泌を促進するとっさの口臭対策

直接、唾液腺を刺激することでも唾液を分泌させることができます。

頬を親指を除く4本の指で押したり(耳下腺)、両下あごの骨の内側に親指を押しこんだり(顎下腺)、下顎の下側から親指で舌の方へ突き上げるように押す(舌下腺)ことで刺激します。

ガムで口臭予防のイメージ

ガム(ノンシュガー)を噛むことも唾液の分泌を促進してくれます。

噛み終わって味がなくなっても、ガムを丸めて口に入れておくだけでも継続的に唾液が出てきます。

おまけの効果として、ガムによって舌苔も取れますから、口臭にとって一石二鳥の効果があります。

口臭対策のサプリメントやタブレットを最大限活用

レディーズローズ

ここまでの対策で生理的口臭を抑えることは可能です。

しかし、この段階では口臭が無くなったに過ぎません。

息さわやかをめざすのでしたら、もうひと手間、サプリメントやタブレットの使用が必要です。

これらのグッズはあくまでもベースの口臭がある程度抑えられている状態で使用するものです。

口臭ゼロになった時こそ最大限に効果を発揮します。

いったん口臭がゼロになってもちょっとした口内環境の悪化で、すぐに口臭が出てくる可能性があります。

サプリメントを使用することで、口の中の環境が若干悪化して口臭が出てきてしまっても上手くカバーしてくれます。

息さわやかなイメージ

常に漂うさわやかな香りが、自分自身に安心を与えて口臭を心配するストレスがなくなります。

ほのかなその香りは相手にもいいイメージを与えてくれるはずです。

ランキング
口臭対策サプリメントおすすめランキング

まとめ

生理的口臭を抑えるのはけっして難しくはありません。

ここに挙げた方法をしっかり行えば誰でも無臭にすることができます。

口臭がしなくなった状態は、絵で言えば真っ白なキャンバスになったようなもの。

それに対してサプリメントやタブレットなどのグッズは絵の具のようなもの。

背景が純白でこそ、絵の具の色が映えます。

あなたの好みに合った絵の具であなた好みのさわやかな息を描いて下さい。