【その口臭どこから?】口臭対策をする前に知っておくべきニオイの発生源

口臭が気になる女性

ひとくくりに口臭といっても、生理的に出てきている口臭なのか?病的な原因からくる口臭なのか?で口臭対策は変わってきます。

日本人の口臭の9割は口の中のトラブル(歯周病や虫歯など)から起こっていると言われています。

こちらのサイトでご紹介している口内ケアや口臭サプリは、どんな口臭でもそれなりに効果はあります。

でも、病気からくる口臭は、ニオイの発生源になっている病気をしっかり治すことが何よりも大事です。

今、口臭が気になるのなら、まず、原因となる病気はないのかをチェックする必要がありそうです。

この記事では、どんな病気があると何が口臭の発生源になって、どういう種類のニオイがするのかについて詳しくまとめてみました。

本当に口臭があるのかどうかセルフチェック

自分の口臭というのは、自分で判断するのは難しいものです。

鼻はいつも嗅いでいるニオイには慣れてしまって、鈍感になるという性質があります。

人の家の臭いは気になるのに、自分の家の臭いには気が付かないのと同じです。

鼻は順化でニオイを感じなくなるイメージ
自分に口臭があるのか?の判断を誤らせる鼻の特性

そこで、あれこれと口臭対策に取りかかる前に、そもそも自分には本当に口臭があるのかをチェックしてみましょう。

セルフチェックリスト

まずは以下のリストに自分がどれだけ当てはまるかをチェックしてみましょう。

  • 1日1回しか歯を磨かない
  • 歯間や舌のそうじをしていない
  • 舌をそうじしていない
  • 歯石がたまっている
  • 歯ぐきから血や膿が出る
  • 虫歯がたくさんある
  • 歯がグラグラする
  • 舌が白い
  • 歯にものがはさまりやすい
  • 鼻がつまっている
  • 口の中がネバネバする
  • 口が乾きやすい
  • 生活が不規則
  • 睡眠不足
  • ストレスが多い
  • いつも疲れている
  • お酒をよく飲む
  • タバコを吸う
  • ニンニクが好き
  • 緊張しやすい

どのくらいチェックが入りましたか?

多ければ多いほど、実際の口臭がきつくなっている可能性大です。

口臭の発生源を突きとめて、すぐに的確な口臭対策をとりましょう。

自らの息をチェック

口臭が実際に臭いのかどうかは、できれば信頼できる人に嗅いでもらって確かめてもらいましょう。

中でも、口臭外来へ行って機械で測定してもらったり、専門家に嗅いでもらって判断してもらうのが一番確実です。

病院へ行けない人は、なんでも話せる友人か家族に嗅いでもらいましょう。

気を使う相手だと、頼みにくいですし、率直に臭さを指摘してくれません。

頼む相手がいなければ、自分でチェックしてみましょう。

ビンやビニール袋などに息を吹き込んで、間を置いてから自分で嗅いでみると客観的に判断できます。

市販されている簡易式の口臭チェッカーもある程度参考になりますよ。

歯医者さんで口臭測定してもらう
私の口はくさい?くさくない?口臭はどうやって測定するの? 口臭チェックの方法を教えて!

臭くないのに口臭が気になる人は

チェックリストであまりチェックがつかないし、口臭を嗅いでみても臭く感じない。

なのに、普段から自分の口臭が気になってしょうがない、という人は”口臭症”なのかもしれません。

口臭症の場合は、通常の口臭対策とはまた違ったアプローチが必要なので、全国各地にある口臭外来へ行ってみることをおすすめします。

口臭と口臭症の違いを悩む女性
「口臭」と「口臭症」ってどう違うの?

口臭の発生源が口の中なのか?吐く息なのか?それが大事

口臭があるとわかって、あれこれと口臭対策に取り組んでも、思ったように効果が上がらないことがあります。

世間で評判の口臭グッズがあれば飛びついて、あれもこれも試してみたけどやっぱり臭い……

そんな場合は、そもそもの口臭の発生源を見逃してしまっているのかもしれません。

もし、口の中のどこか、あるいは体に病的な原因があれば、それが口臭の発生源になっています。

こちらのサイトでご紹介している口臭対策は、あくまでも健康な口の中に発生する生理的口臭を予防するための方法です。

病気による口臭の発生源があれば、通常の口臭対策では解決できないのです。

90%は口の中の問題 

他人がわかるほどに口臭がある場合の90%は口の中に原因があります。

その中には生理的口臭も含まれますが、大半は歯周病や虫歯、舌苔などから発せられる病的な口臭です。

生理的口臭が口臭発生源

いつも歯みがきやマウスウォッシュで口臭対策に気を使っていても、口の中から虫歯菌(ミュータンス菌)やさまざまな常在菌がいなくなることはありません。

中でも、嫌気性菌という菌が口臭発生のカギを握っています。

嫌気性菌は、口の中にある食べ物のカスや新陳代謝ではがれた粘膜上皮、血液細胞などを分解して揮発性硫黄化合物(VSC)をつくります。

このVSCが口臭の主役になっているのです。

口内ケアをした後は一時的に嫌気性菌は少なくなるため、VSCも減って口臭がにおわなくなります。

この時点で、他に病的な口臭がなければ、口臭ゼロの状態です。

ところが時間とともに減っていた嫌気性菌は増殖して、ふたたび感知できるほどに口臭が出てきます。

このような口臭のことを生理的口臭といいます。

生理的口臭は歯磨きをすればまたゼロになります。

お腹が空くとケトン臭による口臭が出てきたり、食事をすると一時的に口臭が減少し、時間とともにもっと出てきたりします。

生理的口臭の日内変動
ライオン歯科衛生研究所

図のメチルメルカプタンはVSCの代表的な成分です。

このように、生理的口臭は1日のうちに変動するので、口臭が強くなる波に合わせて口臭対策が必要です。

口内ケアでさわやかな息になるイメージ
生理的口臭を予防して息さわやかになるためのポイント5つ

歯周病が口臭発生源

歯周病とは歯垢(プラーク)が主な原因となって、歯ぐきが炎症を起こす病気。

放置すると歯を支えている骨が破壊されて、歯を失ってしまうことさえあります。

歯周病になると歯と歯ぐきの間に歯周ポケットと呼ばれるすき間ができることはよく知られていますね。

歯周病が進行するとこのポケットにもプラークが入り込んできます。

プラークはその70%が細菌で構成されていて、たくさんの嫌気性菌が含まれています。

プラークの深い部分は酸素が少なく、嫌気性菌にとって棲みやすい環境になっています。

ポケットの中は炎症によって出血が起きたり食べかすがたまったりして、血液細胞・細菌の死骸・剥離した粘膜細胞・食べ物などのタンパク質が豊富です。

そのタンパク質を材料に嫌気性菌が大量の口臭成分(揮発性硫黄化合物、窒素化合物)を生み出し、強い口臭の原因になります。

歯磨きしたばかりで口臭がでて驚く女性
がんばって歯みがきをしても口臭がなくならない!それは歯に問題がある可能性大です

虫歯が口臭発生源

虫歯

歯周病とは違って、多少の虫歯があるくらいでは口臭が強くなることはあまりありません。

でも、歯に穴が開くほどの大きな虫歯(う歯)があると話は別です。

虫歯の穴に入り込んだ細胞の破片や食べ物のカスは、通常の歯磨きをしても取り除くことはできません。

虫歯の穴の内部は、歯周ポケットと同じく嫌気性菌の棲み家となって、これらのタンパク源を元に口臭を発生させます。

舌苔が口臭発生源

舌苔をタンスクレーパーで取る

舌苔とは、舌の表面についた白い粘りのある膜のようなものをいいます。

舌苔の正体は、食べかすや細胞、細菌などが付着したものでプラークの1種です。

舌苔はやはり嫌気性菌が棲息しやすい場所で、主要な口臭発生源となります。

舌苔からの口臭は生理的口臭の範囲に含まれますが、病気で体調が悪いときなど付きやすく、多量についている場合は病的なものと考えていいでしょう。

口臭予防に欠かせない歯みがき
舌は歯間に並ぶ口臭発生部位!口内ケアで必須の場所

唾液分泌の減少が口臭発生源

水分

唾液は、口の中の環境をいい状態に維持する大切な役割を果たしています。

唾液には嫌気性菌をやっつけるいくつもの殺菌成分・抗菌成分が含まれています。

また、唾液は常に分泌されていて、余分な量の唾液は飲み込むことで、一定の量に調節されています。

つまり、常に新しい唾液に置きかわる循環が行われているのです。

この循環にともなって口の中が洗い流されて、嫌気性菌の量が増えすぎないように調節がされています。

そのため、何らかの理由で唾液の分泌量が減少してくると、嫌気性菌が増加して口臭の原因になります。

1日に産生される唾液の量をイメージ
唾液が十分なら口臭をシャットアウトできる!3つの重要な作用

入れ歯が口臭発生源

入れ歯

入れ歯やブリッジなどを装着している方は、それらの器具と歯や歯ぐきとのすき間がクリーニングが行き届かない場所になりがちです。

十分にケアできていないと、嫌気性菌が増えて口臭発生の原因となることがあります。

残りは吐く息か鼻・ノドあるいは体臭

残りの10%は口に関係しない部位からニオイが発生しています。

口に近いノドや鼻のトラブル、全身性の病気、食べ物由来のニオイなどが原因となります。

ノド(咽頭)の病気が口臭発生源

ノドの異常が口臭の原因になるイメージ

風邪を引いたりして咽頭や扁桃腺が腫れると、ノドが痛くなったり、痰(たん)が絡んだりしますね。

咽頭炎や扁桃腺炎では、嫌気性菌とはまた違った細菌感染やウイルス感染が起こっています。

この時出て来る痰は、細菌やウイルスをやっつけるために戦って死んだ白血球の集まったもの。

この痰が感染した細菌によっては悪臭を放ち、口臭の原因になることがあります。

風邪を引いて口臭が気になる女性
風邪をひくと口臭がひどくなる2つの理由

鼻の病気が口臭発生源

順化が起こりやすい鼻

鼻はノドの部分で口とつながっています。

そのため、鼻に副鼻腔炎(蓄膿症)があると、その臭いが呼吸をするたびに口の方へ流れてきて、口臭として感じられることがあります。

糖尿病が口臭発生源(ダイエットや空腹も)

血糖測定器

糖尿病になると、血液中に脂肪を分解してできたケトン体という成分がたくさん含まれるようになります。

ケトン体は呼吸をする時に肺を通して吐く息の中に混じり、アセトン臭と呼ばれる悪臭で口臭として感じられます。

ケトン体による口臭は、過度のダイエットをしている時や、すごくお腹が空いた時にも出てくることがあります。

口臭にも関係するダイエットのイメージ
知っていますか?「ダイエット」と「口臭」の意外な関係

腎不全が口臭発生源

腎臓が悪くなると口臭がきつくなる

腎不全になってくると、吐く息の中にジメチルアミントリメチルアミンなどのアミン類が混じるようになります。

腎不全ではこのアミン類が口臭として感じられるようになります。

これらのアミン類は腸内細菌によって作られますが、健康であれば尿として十分に排出されるものです。

腎不全になるとうまく尿として排出できなくなって体の中にたまり、口臭の原因になってしまいます。

肝不全が口臭発生源

肝臓

肝臓は本来、体の中で生成された老廃物や毒性のある物質など、体にとって不要な物質をを分解して、体の外に出してしまう大切な臓器です。

揮発性硫黄化合物(VSC)アンモニアなど、さまざまな口臭成分は当然、体にとっては不要なものです。

しかし、肝不全になるとこれらの物質をうまく処理できなくなり、揮発性硫黄化合物やトリメチルアミン、アンモニアなどおなじみの口臭成分が吐く息の中に混じって出てくるようになります。

食べ物が口臭発生源

ニンニク

食べ物の中には、ニンニクを筆頭に口臭の原因となるものがあります。

ニオイの強い食べ物を食べた時には、何らかの口臭対策をとっておかないと、他人からはっきりとわかる口臭になってしまいます。

食べ物によってニオイの成分や強さが異なるので、どんな食べ物がどのような口臭を発生させるのかを把握しておきましょう。

ある種の食べ物が口臭の原因になるイメージ
口臭の原因になる食べ物・飲み物&口臭を予防する食べ物・飲み物 

アルコールが口臭発生源

お酒を飲むと、お酒の脱水作用によって唾液の分泌が減少してしまいます。

十分な水分を補給できないと、唾液減少を原因とした口臭が出てきます。

また、お酒に含まれるアルコールは、体に吸収された後に分解されてアセトアルデヒドという成分に変わります。

アセトアルデヒドの血中濃度が高いと呼気の中に吐き出され、あの酔っぱらい独特の口臭の原因になります。

タバコが口臭発生源

タバコ

タバコといえばタールニコチンが有名ですね。

でもタバコの煙の中にはタールやニコチンだけでなく、数千種類におよぶガス成分が含まれています。

これらの物質を吸い込むことで肺から血液中に溶け込み、それがふたたび吐く息の中に混じって、口臭の原因となります。

また、タールやニコチンは窒素や硫黄が含まれているため、歯に沈着したタールやニコチンを材料に嫌気性菌が口臭物質を作ります。

タバコを吸う人の口臭が独特なのはこのためなのです。

タバコは口臭の原因になる
ヤニ臭いタバコのニオイも3つの口臭対策で気にならなくなる!

医薬品が口臭発生源

医薬品

薬を飲むと、特定の成分を高濃度で摂取するために、独特のニオイが呼気中にあらわれることがあります。

ビタミン剤を飲んだ後に、吐く息やオシッコがビタミン臭くなるのと同じ原理です。

薬には窒素や硫黄を多く含むものが多いので、ニオイを作りやすいという面もあります。

胃の病気はゲップのニオイが問題

胃が悪くなると口臭が出る?

胃の調子が悪いと、よく口が臭くなるといいますが、実際には一時的なもので口臭が臭くなるとまでは言えません。

食道と胃をつなぐ噴門と呼ばれる部分は、括約筋があって普段は閉じられています。

胃の中のニオイがゲップをしたときに臭うことはありますが、それ以外で口臭の原因になることはありません。

ただし、胃腸の不良で体調が悪くなって、唾液が減少したり口の中の環境が悪くなることで、口臭が強くなることはあるでしょう。

胃の調子が悪くて口臭が気になる女性
胃が悪いと口臭が臭くなるのはウソ?ホント?

発生源にあった口臭対策をしないとニオイは消えない

ここまで挙げてきたように、口臭の原因は生理的口臭だけでなく、病的な口臭や食べ物などによる口臭の場合が多くあります。

これらの口臭でも、口の中の嫌気性菌をおさえることは口臭を減らすのに役に立ちますが、独特の口臭の発生源の問題はそのままです。

なので、もとの発生源への対策なしには、口内ケアや口臭グッズなどを利用しても、思ったように効果を上げることはできないのです。

こんな口臭がしたら口の中?吐く息?

一口に口臭と言っても、人によってニオイはさまざまです。

いろんな口臭成分が、いろんな割り合いで混じっているからなんですが、特徴のあるニオイを感じた時は、ある程度、成分や起きている病気を予想できることがあります。

口の中から臭う口臭

口臭

口の中で嫌気性菌によって作られる口臭成分にも、たくさんの種類があります。

どんなニオイがしたら、どんな成分が出てきているのかまとめてみました。

 ニオイの印象  口臭成分 
 硫黄化合物
 腐った玉ねぎ  メチルメルカプタン
 腐ったキャベツ  エチルメルカプタン
 ジメチルサルファイド
 ニンニク臭  アリルメルカプタン
 ジエチルサルファイド
 腐った卵  硫化水素
   窒素化合物
 生魚臭  メチルアミン
 アンモニア様  エチルアミン
 腐った魚  トリエチルアミン
 ジメチルアミン
刺激臭 アンモニア
不快臭 ピリジン
便のニオイ スカトール
  脂肪酸
刺激臭  酢酸
腐敗臭 プロピオン酸
汗のニオイ 酪酸
すごく不快なニオイ 吉草酸
  ケトン・アルデヒド
尿のニオイ  アセトン
刺激臭 アセトアルデヒド

吐く息が臭う口臭

吐く息

口臭の原因が吐く息が臭いことにある場合、つまり体の中から出てくるニオイ成分が原因なら、どんなニオイがしたらどんなことが起こっていると予想されるかをまとめてみました。

 ニオイの印象  病気
 独特のあまい香り
(アセトン臭)
 糖尿病
 尿のニオイ  尿毒症
 腎不全
 便のニオイ  腸閉塞
 アンモニア臭+髪の焦げたニオイ  透析患者
 カビやドブのニオイ
 アンモニア臭
 肝不全
 悪臭  ガン
(部位によってニオイが違う)
 カビ臭い
 ネズミ臭い
 フェニルケトン尿症
 腐った魚のニオイ  トリメチルアミン尿症

体調が悪ければ吐く息による口臭を疑いましょう

上に挙げた吐く息のニオイの例はあくまでも目安です。これだけで判断することはしないでください。

口臭はいろんな条件によって、さまざまなニオイ方をします。

また、人によってニオイの感じ方は違います。

表に当てはまるニオイを感じたからといって、即、病気と考える必要はありません。

でも、これらのニオイがした上で体調が悪いと感じているのなら、病気からくる口臭なのかもしれません。

口の中に口臭発生源がある時の口臭対策

歯周病がある時の口臭対策

すでに歯周病になってしまっている時は、歯の表面には歯石がついてしまっています。

歯医者さんに行って歯石を取ってもらわないと、根本的な治療にはなりません。

歯周病を治さないことには、歯周病からくる口臭対策はできないので、まずはプロにまかせましょう。

その後は、歯周病にならないためのセルフケアが重要です。

歯周病の原因は歯についた歯垢(プラーク)なので、予防のポイントはプラークを残さず取り除くこと。

特別なことではなく、一般的な口内ケアをするのですが、特に歯と歯ぐきの間を入念にブラッシングすることを心がけましょう。

虫歯ある時の口臭対策

虫歯もできてしまっては自分でどうすることもできません。

歯医者さんへ行って、しっかり治療をしてもらいましょう。

後は、日頃の口内ケアが大事なのは歯周病と同じです。

生理的口臭の口臭対策

口内の病的な問題が解決すれば、あとは生理的な範囲ででてくる口臭だけです。

正しい歯みがきと、歯間のそうじや舌のそうじも忘れずにしましょう。

きちんとした口内ケアも時間とともに効果が薄れてくるので、持続力のあるマウスウォッシュは必須です。

日中は、生理的口臭が出てくるタイミングを考えて、口臭サプリを飲んだり、水を飲んだり、食事をしたりして、ニオイをおさえましょう。

さわやかな息の女性
プロフレッシュ&レディーズローズの黄金コンビで息さわやかを実現!

鼻・ノド・に口臭の発生源がある時の対策

風邪でノドが腫れて、咽頭炎や扁桃腺炎になっている時は、体を休めて早く風邪を治すのが口臭対策の近道です。

風邪なら、病院へ行く行かないは症状の程度で考えればいいでしょう。

軽いものなら、栄養を取って、十分な睡眠をとるのが一番です。

もし、風邪を押して外出しないといけない時は、口臭対策が必要です。

といっても普通に口内ケアをするしかありません。あとは脱水しないように水分を十分補給するくらいです。

風邪なのでマスクをしておけば、口臭が気になることもまずないでしょう。

蓄膿症の場合は、セルフケアできることはありませんので、耳鼻咽喉科へ行ってしっかり治すしか方法はありません。

この場合も治るまでは、ノドの調子が悪いといってマスクをしておくといいでしょう。

吐く息が口臭発生源である時の口臭対策

全身性の病気がある時の口臭対策

全身性の病気があって口臭としてにおってくる場合は、重い病気を患っているケースがほとんどです。

口臭対策以前に、命に関わる問題なので、できるだけ早く病院へ行きましょう。

病気が改善すれば、口臭もかなり改善されてくるはずです。

体調が戻ってから、本格的な口臭対策に取り組めばいいでしょう。

食べ物・飲み物が原因の時の口臭対策

ニンニクやアルコールなどのように、食べるもの、飲むものが口臭の原因であるなら、それらを摂らないことが最大の口臭対策になります。

でも、食べ物や飲み物は嗜好の問題で、人によっては人生の楽しみの一つになっていることもありますよね。

好きなものを断つのは、なかなか難しいかもしれません。

口臭対策をするとすれば、口臭が出る前にタイミング良くすることがポイントです。

ニオイのある食べ物を摂る場合は、食前や食後に消臭用のタブレットを食べたり、食後すぐに歯みがきをするようにしましょう。

お酒を飲んだ時は、脱水しないようにと、オシッコに出して早く代謝してしまう目的で、十分な水分補給を心がけましょう。

まとめ

念入りな口内ケアや口臭サプリなどを駆使しても、十分な効果が感じられないなら、何か病的な原因が隠れているかもしれません。

一度、立ち止まって、歯周炎や虫歯がないか?体調の不良がないか?ニオイの原因になる生活をしていないか?などをチェックしてみましょう。