歯や歯ぐきから出る口臭に対してできること

病的口臭の場合は歯科治療が必要なイメージ

歯のトラブルの代表と言えば、虫歯と歯周病。

特に歯周病は約8割の人が持っていると言われ、多くの人を口臭で悩ませます。

歯や歯ぐきの問題を放置したまま、どんなに口内ケアをがんばっても、どんなに効果があると言われる口臭対策グッズを使ったとしても、口臭を完全におさえることはできません。

これらによって起こる口臭は生理的口臭ではなく病的口臭ですから専門家による助けが必要です。

それでも何か私たちにできることはないのでしょうか?

歯周病が臭いわけ

そもそもなぜ、いったん歯周病になると念入りに歯磨きをしてマウスウォッシュで口をすすいでも、あの嫌な口のニオイが残ってしまうのでしょう?

それを知るためには歯周病とは何か?を理解しておく必要があります。

歯周病とは、歯を支える歯ぐきや骨などの組織に起こる病気のことをいいます。

初期は歯垢(プラーク)にいる細菌によって歯ぐきが腫れて歯肉炎になります。

さらに病気が進むと細菌により骨が溶け出してきて、この状態を歯周炎といいます。

口臭のもとになる歯周病

歯周炎では歯と骨のつなぎが緩くなって、歯と歯ぐきの間にポケットと呼ばれる溝ができてしまいます。

この部分は歯みがきをしても歯垢が取れにくくなり、歯周病菌などの細菌が繁殖しやすくなってしまいます。

また、歯ぐきが弱くもろくなっているので、出血しやすくなっています。

歯周炎では、細菌が棲みやすい環境に加えて、歯垢や血液や剥離した組織など豊富なタンパク質があるため強い口臭が発生するのです。

さらに進むとポケットはますます深くなり最終的に歯が抜ける原因になります。

がんばって、歯磨きしてもなかなかニオイが消えないはずですね。

ここまでいくと、歯医者さんへ行ってしっかり歯周病を治療するしかなさそうです。

虫歯もきつい口臭を発生させる

虫歯がひどくなった齲窩は口臭を発生させるイメージ

今度は、虫歯ができてしまっている場合を考えてみましょう。

歯周病と同様に、虫歯があると歯磨きをするだけでは、口のニオイが残ってしまいます。

虫歯がある時の口臭発生はどのようになっているのでしょう?

ちょっとした虫歯は通常、歯周病ほどには口臭の元にはなりません。

しかし、虫歯を放っておくと、歯が溶けて深い穴(齲窩)が空いてしまいます。

マンガに出てくるような典型的な虫歯のイメージですね。

そうなると歯みがきで歯垢をきれいに取り除くことができなくなります。

また内部では歯ぐきなどの組織がむき出しの状態なので、そこから出血しやすくなります。

歯垢や血液は嫌気性菌たちのエサになりますから彼らの格好の生息場所になります。

当然、口臭の元である多量の揮発性硫黄化合物(VSC)窒素化合物が発生することになり、ひどい口臭の原因になります。

やはり、虫歯もここまで進んでしまうと歯医者さんで治療を受けなければ、口臭を解決することはできません。

私たちには虫歯や歯周病に対しては何かできることはないのでしょうか?

治療はできなくとも予防を心がける

口臭をなくすために歯科治療を歯医者に任せるイメージ

軽い歯肉炎でしたら、きちんとした口内ケアによるプラークコントロールで、自然に治癒する可能性はあるでしょう。

しかし、ポケットができてしまうような歯周病にまで進んでしまっては、歯医者さんで治療を受けなければ治すことはできません。

もちろん虫歯も治療が必要です。

効果の期待できない自力のケアを続けるより、思い切って歯医者さんできちんと治療を受けるのが大事です。歯のトラブルを完全に治してから、さわやかな息に取り組みましょう。

私たちにできること

タバコが歯周病を悪化させて口臭につながるイメージ

他の病的口臭と同じで、虫歯や歯周病での口臭でも大事なのは口臭そのものの対策ではなくて、口臭を引き起こす病気にならないことです。

日頃の歯や歯ぐきのケアは当然ですが、体調のコントロールも大事です。

歯周病と体調は一見関係ないように思われますが、タバコを吸っていたり、持病として糖尿病があったり、メタボリックシンドロームであったりすると、歯周病になる可能性が高くなることが言われています。

これらのことは生理的口臭の悪化にも関係していますから、口臭を予防するために2重の意味で重要であると言えるでしょう。

まとめ

基本的には、いったんひどくなってしまった歯周病や虫歯は治療を受けるしか道はありません。

私たちにできるのは、そこに至ることのないように予防に努めるだけです。

歯磨きやマウスウォッシュなどの口内ケアは当たり前ですが、体調を維持することもとても大切です。

体調不良は生理的口臭や他の病的口臭の原因にとどまらず、歯周病を悪化させる可能性もあります。

健康な体にこそ、さわやかな息が実現できるのです。