口臭の気になるニンニクを食べられる!?ニオイを抑える対策のポイントはタイミングにあった!

口臭が気になるにんにくたっぷりの料理

スタミナをつける意味だけではなく、料理に深みを与えて美味しさをグンっとアップさせるニンニク。

好きな人にとっては中毒的にやめることのできない美味しさですね。

でも残念なことに、息さわやかを目指す人にとっては最悪とも言える強烈な口臭も付いてきます。

ニンニクを食べることはあきらめなければいけないのでしょうか?

ニンニクによる口臭は口の中と吐く息のダブルパンチ

ニンニクのニオイは独特のくさい口臭の原因になるだけでなく、長い間ニオイが取れないという特徴があります。

ニンニクほど長く口臭として残ってしまう食べ物は他にはなかなかないでしょう。

なぜニンニクのニオイはあれほどしつこく残ってしまうのでしょうか?

ニンニク独特のニオイのもとはアリシンという物質

口臭のもとになるにんにく

ニンニクは細胞の中にアリインという硫黄化合物が含まれています。

アリインの状態ではそれほどにおわないのですが、すりおろしたりして細胞が潰れると、同じく細胞に含まれているアリイナーゼという酵素によって分解されてアリシンという化合物になります。

このアリシンがニンニク特有の刺激的なニオイの元なのです。

嫌気性菌が作り出すメチルメルカプタンや硫化水素と同じ揮発性硫黄化合物(VSC)ですから臭いのも当然ですね。

ニンニクの汁が手につくとニオイがなかなか取れないのと同様に、食べたら口の中でもニオイが取れなくなります。

うがいをしたくらいでは口臭を抑えることはできないのです。

これがニンニクによる口臭の1つめのパンチ。

吸収されたアリシンが次々に別のVSCへと変わる

ニンニクの口臭に思わず口をおさえる

アリシンは胃腸で吸収される時に、さらに分解されていくつかの硫黄化合物になります。

これらがその濃度を増しながら肺を通して吐く息の中に拡散するために、時間差で口臭を発することになります。

化合物の種類によって代謝が違うためにリレーのようにしてニオイを出し続けます。

ジアリルサルファイドは2時間後、アリルメチルサルファイドは6時間後、ジメチルサルファイドにいたっては30時間後にピークを迎えると言われています。

一日半にも渡って口臭を引き起こすということです。

これがニンニクによる口臭の2つめのパンチです。

ニンニクは口の中と吐く息のダブルパンチだから手強い口臭なのです。

しつこいニンニクの口臭もコントロール可能!

一筋縄ではいかないニンニクによる口臭も対策がないわけではありません。

消臭効果が期待できて一般にも浸透しているものをいくつか挙げてみました。

牛乳

牛乳

ニンニクのニオイを抑える方法としてもっともメジャーなものです。

アリシンはタンパク質と結合しやすいため、牛乳に含まれる豊富なタンパク質がアリシンと結合してニオイを抑えてくれます。

消臭効果を高めるためには食事をしながら飲むのがいいそうですが、食事内容によっては牛乳は合わないかもしれませんね。

リンゴ

りんご

りんごに含まれるポリフェノール(アップルフェノン)には強力な消臭作用があります。

1/4個(皮ごと)くらい食べれば十分に効果があります。

りんごジュースの場合は皮ごと絞った果汁100%のものを飲みましょう。

TVの実験でニンニクの消臭効果が、牛乳や緑茶を抑えて一番高かったという結果が出ています。

パセリ

パセリ

パセリに含まれるアルファーピレンという成分がニンニクのニオイを中和分解してくれます。

ニンニクに限らずさまざまなニオイを中和してくれます。

口臭対策タブレットとして有名な「ブレスケア」はパセリオイルを配合して消臭効果を発揮しているのです。

緑茶

緑茶

緑茶に含まれるカテキンがニンニクのニオイを中和してくれます。

緑茶なら食事と一緒に普通に飲めますから、牛乳より実用的かもしれません。

カテキンの量なら青汁の方が何倍もありますが、青汁を食事と一緒に摂るのは抵抗がありますよね。

生米

米

にんにく料理の本場イタリアで地元の人達が行っている方法です。

レストランのレジにおいてあって、帰りに少量の生米をもらって口にします(噛むようです)。

消臭効果がある理由はよくわかりません。

米に特別な消臭効果があると思えませんので、おそらく唾液の分泌を促して口の中をクリーニングしているのでしょう。

時間差のニオイを抑えるためにはタイミングよく

食事前に口臭対策するイメージ

ニンニクによる口臭でやっかいなのは、後から息が臭くなる方の口臭でしょう。

吐く息のニオイを抑えるためには、ニオイ成分が胃腸から吸収される前に対処しなければなりません。

ニンニクを食べると30分後にはアリシンは吸収され始めるといわれています。

アリシンの吸収を防ぐためには、上記の消臭効果があるものを食事中に一緒に摂るのがベストです。

一緒に摂ることが難しい場合は、事前にブレスケアを飲んでおくのが簡単で効果的です。

もちろん食後には可能な限り歯みがきを行いましょう。

まとめ

さわやかな息のために大好きなニンニクをあきらめる必要はありません。

ニンニクのニオイはやっかいですが、効果的な消臭作用を持つものをタイミングよく摂ることでコントロール可能です。

場合によってはある程度ニオイが残ってしまうかもしれませんが、口臭対策グッズで対応可能なレベルでしょう。