びっくり!ダイエットで口臭が?ニオイを発生させない方法

ダイエットで口臭が出てくるイメージ

口臭(口のにおい)とともに現代人の永遠のテーマであるダイエット。

今までに、ご自身あるいは周囲の方でダイエットを実践していた人が一人くらいはいたと思います。

これまでの経験でダイエット中に独特のニオイに気づいたことはありませんか? 

実は、極端なダイエットをすると特徴的な口臭、ひどい時には体臭が発生することがあるのです。

ダイエット臭は体が非常時モードに入ったシグナル

グリコーゲンを蓄える肝臓

人間が生きていく上で一番重要なエネルギー源は糖質です。

消化吸収された糖質はグリコーゲンという形で肝臓に蓄えられています。

そして必要に応じてブドウ糖に変えられてエネルギーとして使われています。

エネルギー不足からモードチェンジ

ダイエットをするとこの糖質が不足してきます。

今流行りの糖質制限ダイエットをすればなおさらです。

糖質が不足してくると、体は代わりの非常用エネルギー源として脂肪を使い出します。

脂肪はそのままではエネルギーとして使えないので、肝臓においてエネルギーとして使える形のケトン体というものに変換されます。

エネルギー源としてブドウ糖からケトン体へのシフトが進むと、血液中のケトン体の濃度が上昇していきます。

すると肺から拡散して、吐く息の中にまでケトン体が含まれるようになります。

ダイエット時の口臭はどんなニオイ?

ダイエット時の口臭はこのケトン体のニオイなのです。

アセトン臭とも呼ばれるこのニオイは、柿の腐ったような甘ったるいニオイがします。

悪臭とまでは言えなくとも不快なニオイには間違いありません。

生理的口臭としてのケトン臭

ブドウ糖からケトン体への切り替えは、決してギリギリの飢餓状態で起こるわけではありません。

ある程度ブドウ糖が減った段階で起こりますので、ダイエットだけでなく空腹時でも一時的に起こることがあり、生理的口臭の原因の一つになります。

ダイエット口臭を治すにはエネルギー源をブドウ糖に戻すしかない

上に書いたように、ケトン体は吐く息の中に混じっています。

どれだけ口の中をケアしてもケトン体は肺から出てきますので、意味が無いのです。

もちろん、口臭抑制のサプリメントもマウスウォッシュも効きません。

口臭対策グッズがケトン臭に効かないイメージ

ダイエットは脂肪を燃焼することが目的ですから、ある程度はケトン体が出るのはしょうがないでしょう。

しかし、口臭がはっきりと感じられるほどケトン体がでてしまっているのは行き過ぎです。

ましてや体臭まで出てくるのは論外です。

急激過ぎるダイエットを避けましょう

ケトン臭が出てくるということは、全エネルギーの6割を消費すると言われる脳がエネルギーが不足する危険を感じているのです。

エネルギー確保のためにケトン体を使うことに大きく舵を切っているということです。

体からの警告が出ているイメージ

お医者さんによって意見の相違はありますが、無理なダイエットでケトン体が溜まってくると、血液が酸性に傾くケトアシドーシスという危険な状態に陥るかもしれません。

ダイエットによる口臭が出てきたら

すぐに糖質の入った食事を摂りましょう。

そうすればすぐに口臭は収まっていくはずです。

ダイエットを続けるのなら、もう少し穏やかに減量するようにプログラムを組み直しましょう。

ケトン臭が出てきたら糖質を含んだ食事を取るイメージ

もし万一、ちゃんと食べるようにしても口臭が収まらない場合は、病気の場合があります。

よくあるのは糖尿病で、体がケトン体を多く利用するようになるので、同じような口臭がする場合があります。

体の不調など心当たりがあるのでしたら、お医者さんで診てもらうことをおすすめします。

まとめ

せっかくキレイになるためにダイエットをしているのに、体を壊しては元も子もありません。

無理なダイエットは健康を害して、口臭の原因になることも肝に銘じておきましょう。

焦らずに安全なペースで体重を落とすことを心がけて、身も心も健康なまま、キレイと息さわやかを手にしましょう。