がんばって歯みがきをしても口臭がなくならない!それは歯に問題がある可能性大です

歯磨きしたばかりで口臭がでて驚く女性

「さっき、歯みがきをしたのに、もうにおってる?」

そんな経験はありませんか?

口臭予防にいいと聞けば、高い歯磨き粉を使ったり、歯みがきの後にはマウスウォッシュも使ってみたり。

ちょっと奮発して口臭タブレットも買って、日に何度も舐めてみたり。

がんばって口臭対策をしているつもりなのに、いまいち効果が感じられない…

効いているのは最初のうちだけで、時間が経つとやっぱりにおってくる。

そんなあなたには、まだ気づいていない歯のトラブルがあるのかもしれません。

まずは歯の問題を解決してから、口臭ケアに取り組んでみましょう。

虫歯や歯周病があるとどんな対策をしても一時的

吐く息

歯につく歯垢(プラーク)は気になる口臭の重要な発生源になります。

歯みがきなどのケアをサボっていると、歯の表面には歯垢が蓄積して口臭の原因になります。

なので、きちんと歯みがきをして歯垢を取り除けば口臭はかなり減るはず。

なのに、相変わらず口臭がひどいとなると、口腔内のどこかに問題があることが考えられます。

よく見られるのが、虫歯歯周病

虫歯や歯周病などがあると、いくら歯みがきをしてプラークを取り除いても口臭の問題は解決しないのです。

では、なぜ虫歯や歯周病があると、口臭がなくならないのでしょう?

虫歯をきれいにするのは難しい

口臭の原因になる虫歯

軽い虫歯だと口臭を悪化させることはあまりありませんが、虫歯がひどくなってくると口臭の原因になります。

虫歯が進んで歯のエナメル質が溶けてくると、歯の表面に凸凹の穴(齲歯)が開いてしまいます。

その凹みには食べ物のカスが詰まり、嫌気性菌にとって格好の棲み家となります。

念入りにブラッシングしたつもりでも、すき間に詰まった食べカスをきれいに取り去ることはできません。

歯間ブラシも使って仕上げにマウスウォッシュで口を洗い、完璧に口内ケアをしたつもりでも、虫歯にはしっかり食べかすが残ってしまうのです。

嫌気性菌はこの食べかすを土台に歯垢をつくって、そこで悪臭のもとであるアンモニア・メチルメルカプタン・硫化水素などを生産します。

口臭を発生させる嫌気性菌
口臭を発生させる嫌気性菌って何?

なので虫歯を治さないかぎり歯垢が残ってしまい口臭ケアは不完全なまま。

どんなに口内ケアをがんばっても、口のニオイが消えないのは当然なのです。

虫歯があることは甘いものや冷たいものを食べた時にしみれば気がつきますが、まだ症状が出ていなければ見逃してしまっているのかもしれません。

歯周病で歯周ポケットができてしまっている

口の中をよく見ても虫歯らしきところはないのに、口臭が気になる時は歯ではなく歯ぐきにトラブルがあることも考えられます。

たとえ虫歯がなくとも歯周病に罹っている場合、歯と歯ぐきの間には歯周ポケットという深い溝ができています。

口臭のもとになる歯周病

歯周ポケットも嫌気性菌にとっては住み心地のいい場所で、食べ物のカスが詰まりやすいのはもちろん、炎症により出血も起こりやすい場所です。

しかも通常の歯ブラシではここの歯垢を取り除くことはできません。

歯垢(食べかす)+血液という豊富なタンパク源で、嫌気性菌は大量の悪臭成分を生み出します。

日本では8割の人が歯周病になっているといわれ、口臭の原因としては虫歯よりも歯周病のほうが大きな割合を占めているのです。

いくら歯みがきをがんばっても口臭がなくならないわけですね。

虫歯も歯周病も、まずは歯医者さんへ行ってしっかり診てもらって、残らず治療してもらいましょう。

それなしには口臭ゼロは達成できませんからね。

しっかり治してもらってからは、予防のための口内ケアをがんばりましょう。

特に歯周病の予防に、デンタルフロスの使用を取り入れてみましょう。

デンタルフロス
口臭予防に欠かせない!歯垢を取り除くデンタルフロスの使い方

入れ歯や詰め物がニオイの元の場合も

口臭の原因になる入れ歯

時に、入れ歯歯の詰め物、あるいは矯正中の矯正器具も口臭の原因になることがあります。

虫歯や歯周炎と同じく、入れ歯や詰め物と歯や歯ぐきとの間に隙間ができていれば、そこは嫌気性菌にとって絶好の増殖する場所になります。

このような人工物を入れていて、歯や歯ぐきに問題がないのに口臭が収まらない時は、このような原因も考慮する必要があります。

まとめ

どうですか?歯や歯ぐきのトラブルに心当たりがあったでしょうか?

なかなか口臭が治まらない時には、歯や歯ぐきのトラブルがないか今一度チェックをすることをおすすめします。

歯や歯ぐきなどにトラブルを抱えていると、いくら歯みがきをしても一時的な口臭の緩和しか望めません。

せっかくの口臭サプリやマウスウォッシュを使っても、期待した効果は得られないでしょう。

歯の問題を解決せずに口臭対策グッズを使うと、かえって香料と口臭が混じって変なニオイになってしまうこともあります。

他人に気を使って使用した口臭グッズが、余計に他人に不快感を与えるかもしれません。

歯や歯ぐきの異常という病的な原因が考えられる場合には、まず歯医者さんに行って歯や歯ぐきをチェックしてもらい、異常が見つかればしっかり治してもらってから口臭対策に取り組みましょう。